本文へスキップ

お電話でのお問い合わせはTEL.0737-34-3011

OCRシートやマークシート作成のポイント

サンプルシートを変更してみよう(『EZ-Entry』/『EZアンケート』)

 ここでは、実務で使用するシートを、効率的に作成するためのポイントについてご紹介します。
 プログラムのセットアップを行うと、サンプルのシートの様式がインストールされます。
 最初は、その様式(定義ファイル)に変更を加えていくと簡単です。
 様式を変更する場合は、〔シート選択@〕のダイアログで該当する定義ファイルを右クリックし、複製(コピー&貼り付け)します。
 その定義ファイルを、分かりやすい名前に変更し、ダイアログで選択します。
 シートの様式に関する情報(編集内容)は、全て、この定義ファイルに書き込まれます。
 (注:読み取られた内容が書き込まれるわけではありません)
 操作に迷ったり、エラーになる場合は、定義ファイルをメールに添付し、当社までお送りください。(上部のボタン「サポート」のアドレスまで)
 当社において、状況を再現できれば、速やかに問題を解決できます。
 また、作成した定義ファイルは、バックアップしておいてください。
 (パソコンが壊れても大丈夫なように)

シート選択(メインメニュー)

 

 サンプルの定義ファイルは、プログラムのフォルダの下の“\teigi”というサブフォルダに保存されています。
 メインメニューの〔シート選択@〕を押すと、そこに保存されている定義ファイルを選択するダイアログを表示します。
 ここでは、サンプルの「授業評価(マークシート型)」を例に見ていくことにします。
 〔シート選択@〕をクリックし、ダイアログで選択してください。
 対象のソフトは、『EZ-Entry』または『EZアンケート』です。
 (「授業評価(マークシート型)」が入っていない場合は、新しいプログラムをダウンロードしてください)

シート定義(メインメニュー)

 最初は、〔シート定義A〕で、様式の基本的な体裁を定義します。

 
<ガイドライン>
 「ガイドライン」の設定を行うと、記入欄等を、迅速に等間隔で並べることができます。
 たとえば、「ガイドライン」を、[横:2/縦:8]に設定すると、編集(設計)の画面に、横(X)方向に2mm、縦(Y)方向に8mm、のラインを表示します。
 記入欄等をマウスでドラッグして、そのライン上に移動すると自動整列します。
 任意の位置に設置する場合は、シート設計(編集)の画面で「スナップ」をオフにします。

<出力データベース名>
 読み取られた内容を出力するデータベースの名前を設定します。
 データを保存しておく場合は、内容を判別できるような名前にすると管理しやすくなります。
 また、複数のシート(定義ファイル)を切り替えて使用する場合は、フォルダ名が同じだと、切り取りイメージ(記述欄など)がごっちゃになってしまいます。
 その場合は、フォルダ名(\dataの部分)を、ユニークな名前に変更してください。

シート設計(メインメニュー)

 シートの様式の変更を行う場合は、〔シート設計B〕をクリックします。

       

 定義されているシートの様式が画面に表示されます。

 

 〔編集C〕を押すと、フォーマット編集モードに切り替わります。
 画面には、黄色のガイドラインが現れます。

 

<チェック欄(マーク欄)の編集>
 マーク欄の上で、右クリックして、「チェック欄編集」をクリックします。
 チェック欄(マーク欄)の内容を定義する画面を表示します。

 

 たとえば、マーク欄を、5肢にしてみます。
 「チェック数」を“5”、「選択肢の内容」を“ABCDE”に、そして、「空き」を“6”にします。
 (「空き」は、マークとマークの間隔です)
 複数回答を許可する場合は、「最大」に、その最大数を設定します。
 「しきい値」の値を下げると薄いマークも認識されやすくなります。
 しかし、その分、消し屑などのノイズの影響も受けやすくなります。
 (通常は初期設定の値“10”で大丈夫です)
 設定できたら画面左上のアイコン(閉じる)を押します。
 すると、編集画面のマーク欄が5肢に変わります。

<記入例では>
 マーク欄の記入例の上で、右クリックして、「チェック欄編集」をクリックします。
 記入例は、認識の対象から外す必要があります。
 認識させないマーク欄には、「しきい値」に“-1”を設定します。
 取得する内容に、下記の文字(半角キャラクタ)を設定してください。
 良い例は“*”アスタリスク、悪い例は“・”中黒、“-”マイナス、“|”縦棒、“X”大文字エックス、“レ”カタカナのレを設定してください。

 

<チェック欄(マーク欄)の追加>
 画面の余白の上で、右クリックして、「チェック欄作成」をクリックしてください。
 「項目名」や「チェック数」、「横幅」「空き」「選択肢の内容」などの属性の設定を行います。
 設定できたら画面左上のアイコン(閉じる)を押します。

<テキスト項目の編集>
 テキスト項目は、タイトルや説明文、枠など、データ化の対象にならない項目です。
 「質問」の上で、右クリックして、「テキスト項目編集」を選択してください。
 テキスト項目の内容を定義する画面を表示します。
 「質問」は、前述の「チェック欄編集」の「タイトル(質問)」として作成することも可能ですが、ここでは、「質問」を、「テキスト項目」として作成しています。
 (その方が、配置の自由度は高まります)
 「文字数D」を設定すると、長い「質問」の場合は、改行されて複数行になります。
 (設定は、全角の文字数で行います)

  

<「囲み枠」の編集>
 ここでは、「囲み枠」は、最上部だけ定義して、後は複製表示する設定にしています。
 そのため、編集モードでは、2行目以下の「囲み枠」は画面に表示されません。
 編集する場合は、「囲み枠」の上で、右クリックして、「テキスト項目編集」を選択します。
 (「質問」と同じように、「テキスト項目編集」で定義します)
 「横幅E」と「高さF」を設定し、【枠の種類】の“実線”にチェックします。
 設定できたら画面左上のアイコン(閉じる)を押します。

  

 今度は、「囲み枠」の上で、右クリックして、「繰り返し項目」を選択してください。
 「開始番号」を“1”、「個数」を“12”に設定します。
 設定できたら画面左上のアイコン(閉じる)を押します。
 「囲み枠」は、編集モードを終了した時点で全て表示します。



<裏面に切り替える>
 このシートでは、裏面にもマーク欄が設けられています。
 (シートの両面を同時に読み取る設定になってしまいます)
 裏面の読み取りも行う場合は、ボタンGを押して、“ADF両面”を選択します。
 ラジオボタンHが表示されますので、それで、表面・裏面を切り替えることができます。

    
<記述欄の切り取り>
 裏面の最下部には、記述欄が設けられています。
 編集モードにすると、切り取る部分が緑色の矩形枠で表示されます。
 このような枠を作成する場合は、切り取りたい部分をマウスでドラッグします。
 ボタンが表示されますので、[切り取り]ボタンを押します。
 スキャニングの際に、この部分が切り取られて、ディスクに保存されます。
 この切り取り枠を削除する場合は、削除する枠(線上)をクリックします。
 線の色が、赤に変わりますので、[Delete]を押します。
 ここで切り取られたイメージは、メインメニューの〔印刷〕(記述欄一覧)で印刷できます。

<表面の項目を裏面に>
 マーク欄やテキスト項目など、表面の項目を裏面に移動したい場合(またはその逆)は、「項目移動I」を押します。
 項目名を一覧表示しますので、移動する項目にチェックし、実行アイコンを押します。


プレテクニカ株式会社プレテクニカ株式会社

〒643-0122
和歌山県有田郡有田川町瀬井149
TEL 0737-34-3011
FAX 0737-22-8988