タミフルについて

タミフルについて

 タミフルは、インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬です。
 同じような作用をする薬にリレンザやイナビルなどがあります。
 これらは、細胞に侵入してきたウイルスのノイラミニダーゼという酵素を阻害します。
 それによって、ウイルスは細胞から離れられなくなります。
 細胞に留めるだけでウイルスを死滅させることはできません。
 そのため、感染初期(ウイルスが増える前)に使わなければ効果はありません。
 そもそも無生物である(命の無い)ウイルスを、薬剤で死滅させることはできません。
 最終的には、身体に残ったウイルスは、自らの免疫力で排除するしかないわけです。

 実は、ノイラミニダーゼという酵素は、私たちの全身の細胞にもあります。
 これは、細胞を健康に保っておくために必須の酵素です。
 タミフルなどを使用すると、それが阻害されてしまいます。
 そのため、免疫力を弱めてしまうことになります。
 また、私たちの鼻や呼吸器粘膜には、ウイルスの侵入を阻止するための抗体(IgA)が働いています。
 タミフルを使うと、それが、5分の1に減ってしまうことが動物や人でも確かめられています。

 やっかいなのは、それだけではありません。
 タミフルの成分が脳内に移行し、熱が下げられてしまうのです。
 (サイトカインが働き、熱が上がっている間だけ)
 そして、移行したタミフルが脳に作用して脳を狂わしてしまいます。
 そのため、窓から飛び降りたり(異常行動)、突然、呼吸が停止したりするわけです。
 異常行動は、一時期、マスメディアでも盛んに取り上げられました。
 でも、実際は、突然死のほうが多いそうです。
 子どもだけでなく、成人でも起こっています。
 また、熱が下げられたことで、ウイルスの活動は抑えられなくなります。
 そして、サイトカインストームを引き起こす恐れも出てきます。

 現状では、発熱で病院に行っても、新型コロナなのかインフルエンザなのか判断できません。
 したがって、いずれの場合も、インフルエンザ治療薬が使われてしまう可能性があります。
 薬剤は、症状を和らげても、その分、免疫力を低下させてしまいます。
 そのため、もし、新型コロナであったら、病状を悪化させます。
 インフルエンザであっても、新型コロナに感染しやすくなるわけです。