「大きな経済圏」で農業は

 今の農産物のほとんどは、大きな経済圏で流通しています。
 そんな中では、安く大量に生産して、売りさばいていかないと利益がでません。
 そのため、少しでも手間を減らそうと農薬が用いられることになります。
 そして、少しでも収量を上げようと窒素肥料も投入されることになります。

 こうした市場原理のもとでは、肝心の商品の品質は低下してしまいます。
 たとえば、多肥栽培による硝酸態窒素の問題です。
 多くの肥料を与えられた野菜は、どうしても硝酸態窒素濃度の値が上がってしまいます。
 海外(EUなど)では、この硝酸態窒素の基準値も定められています。
 したがって、日本の葉物野菜などは、輸出できないといわれています。
 (「緑の濃い野菜は危険」と言われている所以です)

無施肥・無農薬栽培の腐敗実験(枯れるミカン:腐らないカビが生えない)

 また、市場では、規格化された野菜しか扱ってもらえません。
 見た目がきれいで、サイズや形が揃い、長距離輸送にも耐えられるような...
 そのため、生産者は、流通用に品種改良された種を使わざるをえません。
 そんな種は、栽培される土地で生まれ育ったものではありません。
 (今では、9割以上の種が海外で生産されています)
 したがって、適地適作ができません。
 つまり、種が土地に合っていないので育ちが良くないのです。
 したがって、どうしても、肥料や農薬に頼らざるをえません。

 それにより、土壌が汚染され生態系が壊されていきます。
 そんな土壌では連作障害も起こります。
 土壌は、私たちの身体でいえば腸です。
 薬剤で腸内細菌が殺されるのと同じ状況です。
 そのため、野菜の免疫力も落ちて、病気や食害も避けられなくなります。
 それで、ますます殺虫剤や殺菌剤、除草剤に頼らざるをえなくなります。
 そんな農薬も、使っているうちに効かなくなってきます。
 病原菌や害虫・雑草のほうも耐性を獲得し始めるのです。
 (私たちの身体における耐性菌や耐性ウイルスによる感染症と同じです)
 そのため、さらに、農薬への依存が高まるという悪循環に陥っていきます。
 こうして、土壌の生き物(虫や微生物・雑草など)も死に絶え...
 土中の有機物(腐植)も無くなり砂漠化が進んでいくのです。

 そして、肝心の種を採取する農家が無くなりました。
 採種をやめてしまうと、当然、その野菜(種)は途絶えてしまいます。
 途絶えてしまった野菜(種)は、二度と復活することができません。
 種は、人類にとっての貴重な遺伝資源です。
 新しい品種の育成には多様な原種(DNA)が必要です。
 現実に、各地域で、古来から受け継がれてきた野菜(種)の多くが絶滅しています。

相模半白胡瓜の種子

 また、撒かれた肥料の半分以上は、亜酸化窒素に変わり拡散していきます。
 亜酸化窒素ガスは、二酸化炭素の約300倍の温室効果を持ち、温暖化を促進すると言われています。
 こうした対症療法(目先の利益追求)のツケ(副作用)がたまり、いずれ精算しなければならない時が訪れます。

 なぜ、こういった状況に陥っていくのかです。
 それは、生産者と消費者との間に、大きな隔たりがあるからです。
 これでは、お互いの思いを理解し合うことなどできません。
 いくら生産者が環境に配慮し、健康的な野菜を栽培しても消費者には見えません。
 したがって、消費者は、どうしても安い方を選ぶことになります。
 そして、見た目がきれいな方を...

 こうした流れは、変えることができません。
 大きな経済圏は、そういう仕組みになっているのですから...
 したがって、いくら教科書的な議論を続けても(個々の現象面を対症療法的に扱うだけでは)、根本解決には向かわないわけです。