過去の感染症から学ぶ

過去の感染症から学ぶ

 <スペイン風邪>
 スペイン風邪は、今からおよそ100年前に流行ったインフルエンザです。
 世界で5億人が感染し、2000万人~5000万人が亡くなったと言われています。
 流行当初(1918年5月頃)の死亡率は、前年の季節性インフルエンザより低いくらいでした。(第一波)
 その後(9・10月頃)、多くの犠牲者を出しました。(第二波)
 特異だったのは、米軍の若い兵士(25~29歳)が、たくさん亡くなったことでした。
 また、米軍兵の致死率は、2.1%から10%と駐屯地によっても大きな差がありました。

 インフルエンザ(感染症全般)は、普通、子どもや若いうちは重症化しません。
 若いうちに罹って免疫力を獲得できるように仕組まれています。

 当時は、アスピリンの製造特許が切れた時期(1917年)と重なりました。
 そして、多くの製薬会社がアスピリンの製造に群がっていました。
 それに乗っかって、公衆衛生局長官がアスピリンの使用を推奨しました。
 (1918年9月13日)
 その後、アメリカ医師会雑誌(JAMA)がアスピリンの使用を推奨しました。
 (1918年10月5日)
 こうして、アスピリンが広く処方されるようになりました。
 そして、海軍と陸軍とで、処方され始めた日(海軍:9月26日/陸軍:10月5日)を境に、死亡者が急増したわけです。
 (一般人の使用は、10月後半)
 主な死亡原因は,肺水腫や重症肺炎でした。

 今もマスメディアは、スペイン風邪を例に、盛んにウイルスの恐怖をあおっています。
 新型ウイルスは怖いとか、毒性が強いとか...
 当時は、抗生物質が無かったため感染が広がったとか...
 (そもそもウイルスには、抗生物質は効かない)
 実のところ、多くの犠牲を出したのは、アスピリンを解熱剤として使用したことに起因していたわけです。

 その後の流行でも、アスピリンなど解熱剤(非ステロイド抗炎症剤)によって多くの犠牲者を出ました。
 動物実験などでも確かめられ、今では、非ステロイド抗炎症剤による害反応は広く知られています。
 日本で市販されているのは、下記のようなものです。
 アスピリン(バファリンA)、イブプロフェン、ジクロフェナク(ボルタレン)、メフェナム酸(ポンタール)、インドメタシン、ロキソニンなど。
 (処方薬は、比較的安全とされるアセトアミノフェンが主流になっている)
 マウスやウサギなどの動物実験(25件)では、解熱剤を使った場合、感染させた動物の死亡率は15倍高まるという結果がでています。
 イブプロフェン(市販薬の主流)では、感染させた動物の死亡率は20倍高まるという結果になっています。

 <2009年A型インフルエンザ(2009A/H1N1)>
 2009年に流行った新型インフルエンザの騒動は、まだ記憶に新しいと思います。
 マスメディアは、毎日のように死亡者数の発表をしました。
 スペイン風邪を例に、第2波では高病原性に変異してパンデミックが起きるかもしれないと恐怖をあおりました。
 (当時は、豚由来の新型と騒がれたが、豚由来でも新型でもなかった)

 動物から人への感染では、当初は、人とウイルスとの共生関係が築かれていません。
 そのため、人の免疫反応(症状)も過剰になります。
 でも、ウイルスは、人を攻撃するために侵入(感染)してくるのではありません。
 生命を得るためにです。
 無生物であるウイルスは、人の細胞にくっついて、初めて生物に昇格できます。
 ウイルスとしては、宿主(人)と仲良くしたいわけです。
 (熱などの拒絶反応を抑えたい)
 そして、ウイルスは、命を未来につなげるために伝搬していきます。
 そのため、どんなウイルスも、感染を繰り返すことで弱毒化していくことになります。 (薬剤で刺激すると、強毒化するかもしれません)

 そして、2009年の際は、タミフルが乱用されることになりました。
 (アスピリンの害より強い)
 「薬害タミフル脳症被害者の会」の発足は、2006年です。
 したがって、3年以上前から被害は続いていたわけです。
 当時は、新型と騒がれながらも、実は、1956年以前生まれの人に免疫がありました。
 致死率も季節性インフルエンザと比較にならないほど低いものでした。
 それでも、薬に走った多くの人たちが犠牲になったわけです。
 薬害タミフル脳症被害の会 http://www.tamiflu89.sakura.ne.jp/

 ちなみに、メキシコや米国では、主にイブプロフェンを解熱剤として使い、多くの犠牲者を出しました。
 中国においては、初期にステロイド剤を使った人の死亡率が高かったと現地の研究者が報告しています。
 今回の新型コロナでも、武漢では、パルス療法に使うステロイド剤を、重症者には70%を超えて使用しています。
 それが、武漢での死亡率が高い大きな要因ではないかと考えられています。
 今回の新型コロナは、感染力が強く、毒性もやや強く、症状も長引きます。
 解熱剤を使うとウイルスを抑えきれずに、さらに長引かせることになります。
 そのため、感染を広げ、犠牲者も増やすことになります。