注目されるアビガン

注目されるアビガン

 今回の新型コロナ騒動で、注目されているのがアビガンです。
 アビガンもインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬です。
 ウイルスが複製するのを阻止するので、タミフルとは作用機序が異なります。

 マスメディアでは、アビガンで治ったと、さかんに報道されています。
 アビガンで治ったといっても...
 アビガンを投与して治ったのか、投与しなくても治ったのか、区別がつきません。
 また、投与しないほうが、もっと早く治ったかもしれません。
 新型コロナは、人が持つ本来の免疫力で、ほとんどの人が回復する病気です。
 したがって、アビガンを投与して治ったとしても、それは、アビガンの効能とはいえないわけです。

 マスメディアは、根拠など、肝心なところは、何も報道しません。
 (実際、プラセボ対照の比較試験なども行われていない)
 そして、治ったのは薬のおかげ、亡くなったのは病気のせい、という報道を続けています。
 効くはずもない重症者にも、さも効果があるかのように...
 日本政府も、効力や安全性など、何の評価もせずにアビガンを推進しています。
 (サリドマイド事件のことは忘れたのでしょうか)
 専門家にも評価できない薬を、患者本人の判断にゆだねているのです。
 (アビガンは、患者本人の希望だけで使用できる)

 そのため、有名人の中にも、実際、服用する人が出てきました。
 致死率の高い病気なら、まだ分かります。
 催奇形性や未知の副作用などには目をつぶってでも、可能性にかける気持ちは...
 でも、新型コロナは、安静にしていれば、ほとんどの人が治る病気です。

 このような偏った非科学的な報道は、今後、社会を混乱に陥れていきます。
 そして、薬だより、医者だよりなど、外からの働きかけに依存する人たちを増やしていきます。
 短期的な医療崩壊だけでなく、医療財政も破たんさせることになってしまいます。

 そもそも、物事(身体)を発展(健康)方向に導く力は、内因(主体)にしかありません。
 そして、外因(環境や条件)が作用できるのは、内因の働きを介してだけです。
 かつ、効果は、局部的・一時的です。(そのため、調和を崩して混乱させる)
 そして、外因の作用は、内因が持つ本来の力を低下させていきます。
 逆に、衰退・破壊の方向へは、外因の力は支配的に働きます。
 手助けのつもりでも、内因が受容できる範囲を超えたら破壊行為になるわけです。
 外因の崇拝は、自らの内因(生命力)を衰退させていきます。
 今のままでは、自然免疫の力も衰退し、人類は、無菌室でないと生きていけなくなるかもしれません。