持続的農業の推進とゴミの削減のために

 今、大気汚染や土壌汚染、海洋汚染(マイクロプラスチック)など、ゴミによる環境破壊が深刻です。
 特に日本は、世界一の大量廃棄の国と言われています。
 その原因のひとつに過剰包装があげられます。
 ゴミ問題を解決するには、発生源を絶っていくしかありません。
 その切り札となるのが「量り売り」です。

 「量り売り」というのは、お客さん自身で欲しい分だけ「はかり」に乗せ計量し、精算するというものです。
 このような形態は、フランスのマルシェや欧米のオーガニックスーパーでは一般的です。
 この方法では、自分が欲しい分だけ買えるので食材の無駄がでません。
 そして、包装の袋やパックなども不要になり、ゴミも大幅に削減できます。

 もし、「量り売り」が実現すれば、生産者も大いに助かります。
 野菜を収穫してから、選別したり袋詰めしたりする作業は重労働です。
 収穫コンテナのまま直売所などに納品できれば、こうした手間も省けます。
 現実に、農家は後継ぎが現れず、人手不足で廃業も余儀なくされています。

 農業も、今のような画一的・硬直的な形のままでは破たんを免れることはできません。
 持続のためには、未来を見すえ、農業形態も柔軟に変化させていかなければなりません。
 では、どんなビジョンを描けば良いのかです。
 そこを、明確にしない限りリードすべき方向性が定まりません。
 そこで、ここでは、目指すべき農園の未来像について探っていきたいと思います。

「量り売り」のためのシステム

 「量り売り」を行うにしても、そのつど手作業で計量して精算していたのでは手間がかかります。
 とはいえ、セルフレジの導入となると、多大なコストがかかってきます。
 そこで、当社では、パソコンベースのシステムを開発しました。
 タブレット型パソコンに、計量器やレシートプリンターなどをつないで使用します。
 そうはいっても、こうしたシステムを構築するには、ある程度の知識が必要になります。
 パソコンにソフトをインストールしたり、機器をつないで設定したり...
 それでは、パソコンに不慣れな方では、導入のハードルが高すぎます。
 そこで、当システムでは、レンタル形式でご利用いただけるようにしました。
 レンタルであれば、初期投資も少なく気軽に試せます。
 また、システムに不具合が生じたとしても、パソコン本体を交換すれば済みます。
 ただし、商取引に使用する「台はかり」は、その使用地区の検定が必要です。
 したがって、「台はかり」は、お客様側で、ご購入いただく必要があります。

<パソコンに接続できる「台はかり」>
 このシステムでは、「台はかり」は下記の機種を使用することができます。
 別途、パソコンとの接続のためのオプションが必要です。

 電子台はかり:FG-30KBM-K (ひょう量 30kg)
 オプション :RS-232CインターフェイスRS-232Cケーブル

 『セルフレジ量り売り』の操作の手順

<システムの評価用の機器貸し出しについて>
 こうしたシステムは、実際に使ってみないことには操作性や導入効果など分かりません。
 そこで、システムの評価用として、「台はかり」を含むハード&ソフト一式の貸し出しを行っています。
 貸出期間は、1週間(無料)です。

 システム構成は、下記のようなものです。
 ①タブレットパソコン(Windows 10)
 ②電子台はかり:FG-30KBM-K
 ③サーマルレシートプリンター
 ④キーボード (管理者用)
 ⑤マウス (管理者用)
 ○感熱ロールペーパー(レシート用紙) 1巻
 ○USBメモリ


<商品イメージ作成手順>
 画面の商品ボタンに表示する写真は、デジカメやスマホで作成できます。
 写真ファイルは、下記の形式であれば使用可能です。
 JPEG (ジェーペグ)・TIFF (ティフ)・BMP (Windowsビットマップ)
 タッチパネルの商品ボタンのサイズは、「縦400×横300」ピクセルです。
 撮影時の画質は、VGA(640×480)で十分です。
 商品ボタンは縦長ですので、縦長の写真になるように撮影します。
 (デジカメの場合は、カメラを90度時計回りに回転させて撮影します)
 画質や向きは、システムの方で「縦400×横300」に自動で変換されます。
 撮影できたら写真ファイルをタブレットに取り込み、商品名や単価、並び順などを設定します。

<レンタル費用(上記のシステム構成)>
 月払い 9,000円(スポット)
 年払い 72,000円(6,000円/月額換算)
 (サポートおよびメンテナンスも含む)

 クラウドサービスではありませんので、ネットに接続することなく、パソコン単体でご利用いただけます。
 そのため、通信料などの費用もかかりません。

 『セルフレジ量り売り』を試してみたい方は