本文へスキップ

お電話でのお問い合わせはTEL.0737-34-3011

採点ミスをゼロにするには

マークシート方式を利用する上での要点

 人である以上、うっかりミスは避けられません。
 そのため、いくら完璧を期したとしても採点ミスは起こりえます。
 しかし、入試など人の一生を左右するような試験では、それは許されません。
 その対策として、最近では、マークシート方式が広く利用されるようになってきました。
 でも、単に、機械化(システム化)するだけで採点ミスを無くせるわけではありません。
 機械化によって、作業は、効率的かつ迅速に行えるようになります。
 そして、異なる視点(機械の目)からのチェックで、人的ミスをカバーできます。
 しかし、逆に、機械化ゆえの要因が加わり、想定外の結果を生むこともあります。
 また、「機械の処理は間違いない」という思い込みが、人的ミスを招くことにもなります。
 機械を過信し頼りきってしまうことが最も危険です。
 ここでは、そうならないように、マークシート方式を利用する上で、起こりうるリスクや対策についてまとめたいと思います。

マークシート読み取りエラーの原因

 マークシート方式では、塗りつぶしたマークを機械で読み取ります。
 したがって、通常では、まず誤認識は起こりません。
 しかし、次のような要因で、誤認識が発生する場合があります。

○スキャナー内にゴミが入り込む
 マーク欄に、ゴミが付くと、塗りつぶしと見なされる可能性があります。
 一番気をつけなければならないのが消し屑です。
 蚊などの虫が入り込まないとも限りません。
 マーク欄に汚れが付くのも同様です。
 消し屑は、きっちり払い落とすなど、徹底しなければなりません。
 避難訓練など、屋外で行う場合は、芝生なども紛れ込みます。
 (記入者、および、スキャニングする側にも指導が必要)

○スキャナーのセンサー部の汚れ
 マークは、細いマジックを使うほうが、迅速に、きれいに塗りつぶせます。
 でも、それでは修正ができないため、通常、鉛筆を使用することになります。
 そのため、スキャニングを続けているうちに、内部に鉛筆の粉が溜まってきます。
 こうした汚れも誤認識の原因になってしまいます。
 こまめに内部を掃除し、センサー部の汚れを拭き取るということも必要になります。

○スキャニング時のエラー
 スキャニングの際に、マークシートが重送されたり、傾いたりすると、正しく認識されない場合があります。
 通常、重送は、スキャナー側で検出し中断します。
 しかし、スキャナーの紙送りの精度によっては、重送が起こる可能性もあります。
 また、通常のスキャニングでは、ズレや傾きは、位置補正され正しく認識されます。
 しかし、大きくズレてしまった場合は、基準になるマーク自体がはみ出して写りません。
 その際は、「補正マーク」を認識できない旨のメッセージを表示して処理を中断します。
 こうしたメッセージが頻発する場合は、用紙ガイドが開いていたり、ローラーの劣化が考えられます。

<スキャニング時のエラーを防ぐために>
*スキャナーの用紙ガイドは、マークシートの幅にきっちり合わせてください。
*マークシートをスキャナーにセットする際は、「雑に束ねない」「多く入れすぎない」
 意外と多いのが、マークシートを雑に束ねてしまうということです。
 (枚数が多いと同じ作業の繰り返しになり、無頓着になる傾向があります)
 それによって、用紙ガイドが開いてきます。
 その状態では、マークシートが傾いたり、ズレたりするようになります。
*鉛筆の粉や汚れが原因している場合は、ローラーの掃除をしてください。
*ローラーが劣化してくると、マークシートの傾きやズレが多くなります。
 そういう場合は、ローラーを取り換えてください。
*ハード的なトラブルが起こる場合もあります。
 いつ故障しても対応できるように、代替機を用意しておく必要があります。

マークシートの印刷時の注意

 基本的に、マークシートの印刷には、どんなプリンタでも利用できます。
 (ドロップアウトカラー印刷には、もちろんカラープリンタが必要ですが)
 ただし、高熱を加えるようなレーザープリンタやコピー機を使う場合は注意が必要です。
 高熱により、マークシートが湾曲して用紙同士がくっつきやすくなります。
 そのため、給紙時に重送などのトラブルが発生しやすくなります。
 用紙は、少し厚め(0.13〜0.16mmくらい)のほうが、トラブルを減らすことができます。
 (コピー用紙で 0.08〜0.10mm)

<マークシートの作成を外注する場合>
 マークシートを大量に使用する場合は、印刷会社に外注することになります。
 その場合は、プリンタ出力したマークシートで、充分に読み取りテストを行ってください。
 そして、問題がないのを確認して、それを版下としてください。

<両面印刷>
 マークシートの裏面にも印刷する場合は、必ず厚手の用紙を使用してください。
 薄い用紙を使用すると、スキャニングの際に裏写りして、誤認識する場合があります。

マークを記入する側のうっかりミス

 マークとして認識されるかどうかは、「しきい値」(濃度と面積)によって決まります。
 濃度が薄すぎるとスキャナーに写りません。(濃度はスキャナーの明るさで設定)
 また、適当に塗りつぶしたものでは、マークとして認識されません。
 「しきい値」を下げると認識されやすくなりますが、消し屑などの影響も受けやすくなります。
 マーク欄は、ある程度の濃さで、塗り残しの無いように、塗りつぶす必要があります。
 こうしたことは、記入例や注意書きを記述することで対応できます。

       

 しかし、うっかりミスだけは避けられません。
 異なる番号にマークしたり、解答欄を間違えたり、塗り忘れたりです。

<「受験番号」の記入間違いのチェック>
 もし、「受験番号」の記入間違いが起こると個人が特定できなくなります。
 そのため、スキャニングの際に、「受験番号」の正否をチェックしなければなりません。
 その正否を判断するのに必要になるのが「受験者マスター」です。
 「受験者マスター」とは、「受験番号」と「氏名」を登録しておくファイルのことです。
 読み取りの際に、「受験者マスター」を参照すれば、「受験番号」の正否を判断できます。
 でも、それだけで、問題が解決するわけではありません。
 他人の(マスターに存在する)「受験番号」を誤って記入する可能性もあるからです。
 そういう場合は、通常、そこで一旦、処理を中断して確認することになります。
 (中断しないと、同じ「受験番号」のデータに上書きしてしまいます)
 こうした状況は、ログにも出力されていますので、最終的に確認を行います。

記入もれやマークオーバーのチェック

 読み取られたデータに、記入もれやマークオーバーの解答が無いか確認する必要があります。
 マークオーバーは、消し屑や汚れが影響している可能性もあります。
 記入もれやマークオーバーのデータは、画面上で検索してチェックします。
 または、それらを抽出してプリンタ出力して確認することも可能です。

          

読み取り結果確認用の用紙上でチェック

 読み取り結果は、スキャニングと同時にプリンタに出力することができます。
 マークシート1枚につき、1枚の確認用の用紙を印刷します。
 用紙代やインク代などのコストはかかってきますが、見直しは容易になります。
 また、確認作業を、複数人で分担すれば、作業も迅速に行えます。

                        読み取り結果確認用用紙サンプル

    

 「不明瞭マーク」とは、マークとして認識されている中で、薄いマークのことです。
 (マークと認識されている=「しきい値」を超えている塗りつぶし)

2度読みによってデータの矛盾を探す

 読み取られたデータをチェックする方法として、オリジナルのデータとは別に、比較用のデータを別途読み取って(別テーブルに出力)、比較するという方法もあります。
 2度目では、消し屑が取れていたなど、読み直しで結果が変わることがあるからです。
 また、2度目の読み取りでは、スキャナーの読み取り濃度を明るめに設定することで、あいまいなマーク(薄いマーク)を探し出すことができます。
 比較用データの作成は、サブシステムを利用して行います。
 2度の読み取り作業が必要になりますので、手間や時間を要します。
 しかし、下記のようなエラーは、瞬時に探し出すことができます。

<読み取りデータ比較の例>
【解答テーブル(1)】(メインのファイル)
                  解   答
受験番号  氏 名  @ A B C D E F G H I
 10001 □□□□□  1  6  7  9  3  2  1  7  3  3
 10003 □□□□□  7  3  3  3  2  7  6  6  2  5
 10004 □□□□□  8  5  8  9  6  2  8  4  9  0
 10005 □□□□□  2  4  9  0  9  8  3  2  5  7
 10006 □□□□□  3  6  8  2  1  9  9  3  1  3

【解答テーブル(2)】(サブのファイル)
                  解   答
受験番号  氏 名  @ A B C D E F G H I
 10001 □□□□□  1  6  7  9  3  2  1  7  3  3
 10002 □□□□□  3  7  9  5  5  4  3  2  5  2
 10003 □□□□□  7  3  3  3  2  7  6  6  2  5
 10004 □□□□□  8  5  8  9  6  2  8  4  9  0
 10006 □□□□□  3  6  8  2  1  9  9  6  1  3

受験番号“10005”は、解答テーブル(2)に登録されていません。
受験番号“10002”は、解答テーブル(1)に登録されていません。
受験番号“10006”の解答番号“8”の内容が異なります。[3] [6]


プレテクニカ株式会社プレテクニカ株式会社

〒643-0122
和歌山県有田郡有田川町瀬井149
TEL 0737-34-3011
FAX 0737-22-8988