本文へスキップ

お電話でのお問い合わせはTEL.0737-34-3011

『EZ-Entry(Fax)』と受注管理システムとの連携例

「通販受注管理システム」との連携

 ここでは、『EZ-Entry(Fax)』と業務アプリケーションとの連携方法について具体例でご紹介します。
 業務アプリケーションは、通販の注文データを管理する『EZ産直通販ライト』を使用します。
 『EZ産直通販ライト』では、Webサイト(フォームメールやショッピングカート)からの注文メールをクリップボードから取り込みます。
 同じように、FAXから送られてきた注文書を『EZ-Entry(Fax)』でデータ化し、『EZ産直通販ライト』に取り込むことになります。

   


評価用ソフトで実務に沿った検証ができます

 ここで使用する各ソフトウェアは、下記からダウンロードすることができます。
 システム構築も容易ですので、操作性や機能、導入効果などの検証にご利用ください。
 作業手順の詳細につきましては、下記PDFをご覧ください。

  受注管理システム構築の手順

FAXから送られた注文書の受信

  FAX注文書(サンプル)

 FAXから送られてきた注文書を 「まいと〜くFAX」で受信します。
 (この段階では、イメージファイルです)
 下記のようなイメージファイルが作成されます。

  FAX注文書イメージファイル(サンプル)

 それを、『EZ-Entry(Fax)』で文字認識を行いデータ化します。
 『EZ-Entry(Fax)』は、当サイトのトップページからダウンロードしてください。
 読み取りテストを行う場合は、プログラムに添付の定義ファイル「FAX注文書」を使用してください。
 『EZ-Entry(Fax)』のバージョンは、「13.4」以降をお使いください。

 注文書の記入内容は、コード化するか、チェック(マーク)の選択肢にすることで認識率を高めることができます。
 このサンプルでは、記入された郵便番号をもとに住所を検索し、「住所@」欄に出力します。
 また、「商品名」には、商品番号で検索した商品名を出力するようになっています。

 「まいと〜くFAX」のダウンロードは
 株式会社インターコム https://www.intercom.co.jp/mytalkfax9/

通販受注管理システム『EZ産直通販ライト』について

 受注作業にコストをかけることができない小規模のお店でも、容易に導入いただけるような受注管理システムを目指し開発されました。
 直感的に操作できるユーザーインタフェースを備えており、コンピュータに不慣れな方でも、すぐに使用できます。
 業務アプリケーションでは、日々のデータ入力をいかに自動化できるかが省力化のカギになります。
 このシステムでは、Webサイト(フォームメールやショッピングカート)からの注文メールをクリップボードから取り込みます。
 また、FAX送信された注文書は、『EZ-Entry(Fax)』との連携によって自動入力が可能になります。
 受注データから即時、宅配送り状や宛名ラベル、納品書や請求書など印刷することができます。
 顧客データは、受注データから自動作成されます。
 あらかじめ顧客ごとに配送の日程を登録しておき、日付単位による処理も可能です。

 『EZ産直通販ライト』は、下記のサイトからダウンロードいただけます。

 https://www.seedlabo.jp/webdirect.html


プレテクニカ株式会社プレテクニカ株式会社

〒643-0122
和歌山県有田郡有田川町瀬井149
TEL 0737-34-3011
FAX 0737-22-8988