本文へスキップ

OCR技術を利用した安否確認システムのご案内

災害時の「安否情報」の入力にOCR技術を利用


 大地震など、大きな災害に対応するには、まず第一に、状況を正確に把握する必要があります。
 「被災者数はこれくらいだろう」「これでうまく行くはず」などの憶測や希望的観測が入り込むと、かえって混乱を招いてしまいます。
 たとえば、災害時に、食糧や飲料水などの物資を受け入れるにも、少なすぎても困りますが、多すぎても置き場所や処分に困ってしまいます。
 どれだけの量が必要か、いち早く正確に算出しなければなりません。
 そこで、簡易に利用できる携帯電話を使って安否情報を収集しようという試みがなされています。
 しかし、こうした通信回線に頼るシステムでは、それが機能しなくなるとどうしようもありません。
 実際に震災時には、「基地局の損傷」「発信規制」「携帯電話の充電ができない」などで、通信不能に陥っています。
 この『OCR安否確認システム』では、そうした状況にも対応できるように、被災者に「安否確認シート」を記入してもらい、それを回収し、スキャナーで読み取るという方法で、データの収集を行います。
 (電気が使えなくなった場合の電力は、発電機で対応します)
 紙というアナログな媒体を使用しますので、通信インフラに頼らずに、確実な情報収集が可能になります。

  

 回収された「安否確認シート」をスキャナーで読み取りデータ化します。
 多量のシートも複数台の機器でスキャニングすることで、作業も迅速に進めることができます。
 分散入力されたデータは、安否情報管理用のコンピュータにまとめて一元管理されます。
 データの受け渡しは、USBメモリを介して行うことができます。
 LANがつながる場合は、直接、安否情報管理用のコンピュータに取り込むことができます。

  

  

         OCR安否確認システム・パンフレット (株式会社 遠藤防災事務所)

会社情報

プレテクニカ株式会社

〒643-0122
和歌山県有田郡有田川町瀬井149
TEL.0737-34-3011
FAX.0734-03-2455