本文へスキップ

お電話でのお問い合わせはTEL.0737-34-3011

プレテクニカ株式会社

手書きOCRシステムとは

 パソコンを導入しシステム化が進んでも、ちっとも楽にならないのがデータの入力作業です。
 伝票や申込書など、日々、大量に発生する紙文書の内容をキーボードから打ち込むには、大変な労力とコストを必要とします。
 そんな入力作業を人手に頼らずに、手書きの帳票をイメージスキャナーで読み取ることで、ダイレクトにデータを入力してしまおうというのが手書きOCRシステムです。
 データの発生現場で、即時、データ化が可能で、人件費や入力機器のコストを大幅に削減できるということで、様々な分野で活用されています。        (「OCR」と「OMR」)

   志願票を読み取ってみます     アンケート調査票を読み取ってみます

  事例:OCRを利用した『安否確認システム』(関西大学 地震避難訓練シミュレーション)



 事務所の移転に伴い、2015年7月から住所および電話・FAX番号が変わりました。
 新住所等につきましては「お問い合わせ」をご覧ください。

OCRシステムのテスト運用をご希望の方

 システム導入の前に、実務に近いテスト運用で、その効果のほどを明確にできれば安心です。
 当社では、お客様が手間やコストをかけずに、安心してOCRシステムを導入いただけるように、評価用ソフトの提供や機器貸し出し等の導入支援サービスを行っています。
 また、評価版の使い方が分からない、こんなシート作りたい等のコンサルテーションも無料で行っていますので、何なりとご相談ください。

 読み取りを行うOCRシートは、システム上で簡単に設計・印刷することができます。
 それにより、簡単に読み取りテストを行っていただけますが、シートを設計している時間がないという場合は、当社において、テスト用シートの「ひな形」をお作りすることも可能です。
 詳細につきましては、上の〔サポート〕をご覧ください。

 また、当社OCRシステムの評価用としてスキャナーの貸し出しをご希望の方は、上の〔スキャナー貸出〕からお申し込みください。
 その場合は、費用はかかりません。

「EZシリーズ」のご案内

 「EZシリーズ」は、手書き帳票を読み取るOCR処理を、誰でも手軽に行えるようにということで開発されたシステムです。
 読み取りたいシートをシステム上で簡単に作成でき、その場で、即時、読み取ることが可能です。
 シートを読み取るための機器は、市販されているイメージスキャナーを使用できます。
 また、普通紙にプリンタ出力したものを、そのままOCRシートとして使用できますので、運用コストも大きくおさえることが可能です。
                             『EZシリーズ』のご案内

 実際の操作性や機能は、評価用ソフトでご体験ください。
 評価用ソフトは、下記からダウンロードできます。
(ご購入の前に、必ず、評価用ソフトでの試用を行ってください)

「EZシリーズ」ダウンロードお知らせ

  • 汎用手書き漢字OCR入力システム『EZ-Entry』    

     『EZ-Entry』は、手書き帳票をスキャナーで読み取って、コンピュータに入力するOCR処理を、高価な専用機を使わずに、手軽に実現できるようにということで開発されたシステムです。
     読み取りたいシートをシステム上で簡単に設計・印刷し、その場で即時、読み取ることが可能です。
    ライセンス価格 ¥260,000-(税別)                    PDFカタログ
  • FAX−OCR『EZ-Entry(Fax)』                 

     『EZ-Entry』にFAXとの連携機能が追加されたもので、スキャナーから入力するのと同じように、遠隔地のFAXから送られた帳票の内容を自動的にデータ化することが可能になります。
     ライセンス価格 ¥360,000-(税別)

  • OCRアンケート処理システム『EZアンケート』    

     『EZアンケート』は、調査票(質問票)形式のアンケート処理を、手間やコストをかけることなく、手軽に行えるようにということで、開発されたアンケートシステムです。
     複雑な様式の調査票もこのシステム上で、簡単に作成できます。
     記入された調査票は、そのままスキャナーで読み取り、データ化することができますので、キーボード入力の手間が不要になります。
    (用途:学校評価・授業評価アンケート、顧客満足度調査、患者満足度調査等)
     ライセンス価格 ¥98,000-(税別)         PDFカタログ 学校 企業 病院
  • OCR自動採点システム『EZ採点OCR』       

     『EZ採点OCR』は、大学入試や国家試験で活用されている自動採点処理をコストをかけずに手軽に行えるよう、開発されたシステムです。
     市販のスキャナと普通紙のOCR解答用紙で自動採点処理を行うことができます。
     システム上で、自由なフォーマットで解答用紙を作成できますので、様々な試験への活用が可能です。
     ライセンス価格 ¥88,000-(税別)     サンプル(A4両面採点結果)  PDFカタログ


スキャナーについて

 シートの読み取りには、一般に市販されている「ドキュメントスキャナー」を使用します。
 (OCR専用機は必要ありません)
 「ドキュメントスキャナー」は、下記のような自動給紙装置が付いたスキャナーです。
 複数枚のシートを自動で送りながらスキャニングすることができます。

 


 それでは、実際に、シートの読み取りを行ってみます。
 ここでは、スキャナーは「富士通 fi-6140」を使用します。(実勢価格が14万円ほどの機種です)

   A4片面のシートを50枚読み取ります。(所要時間:50秒)    操作画面
   A4両面のシートを50枚読み取ります。(所要時間:70秒)    操作画面

 上の読み取りテストでは、パソコンは、下記のスペックのものを使用しました。
 OS:Windows 7 Professional 64bit / CPU:インテル Core i7-950
 パソコンの性能が低過ぎると、スキャナーの処理速度を100%活かすことができません。
 高速処理が必要な場合は、パソコンもそれに見合ったものを使用する必要があります。

<対応するスキャナー>

 スキャニングと同時に、OCR処理(文字認識と出力)を行う場合は、「TWAIN対応」のスキャナーを使用してください。
 (TWAIN は、イメージスキャナーからパソコンにデータを転送するための規格です)
 TWAINに対応していないスキャナーを使用する場合は、画像ファイルをエクスプローラから画面上に、 ドラッグ&ドロップするという方法で処理を行うことができます。

 ドラッグ&ドロップによる読み取りテスト用サンプルファイル

 動作確認済みスキャナーについて

プレテクニカ株式会社プレテクニカ株式会社

〒643-0122
和歌山県有田郡有田川町瀬井149
TEL 0737-34-3011
FAX 0734-03-2455